【初心者向け】ブログを始める|ドメインの取得方法を解説【最安値】

ブログで稼ぐ
あなた
ブログを始めたいからドメインの取得方法を教えて!
支配人リック
お任せください!業界最安値でドメインを取得する方法を解説します!

 

記事のポイント
  • ドメイン取得は「お名前.com」
  • ドメイン料は数百円〜数千円程度
  • ドメインの取得は数十分で完了

これからドメインを取得する方法を解説します。

ブログを始めるにあたり「ドメイン」は必須です。

 

今回紹介する方法であれば、

最安値760円でドメインが取得可能です。

(2020/02/08時点)

 

写真付きで丁寧に解説しますので、ブログを始めようと思っている方は是非参考にしてみてください。

 

ドメインを取得する手順

 

ドメインとは、「◯◯◯.com」や「◯◯◯.jp」のような、URLの文字列のことを言います。

例えば僕のこのブログのドメイン名であれば、
「ricchannel.com」が取得しているドメイン名になります。

 

ドメインの取得までは以下の3ステップです。

 

  1. お名前.comにアクセス
  2. ドメイン名を決定
  3. ドメイン料金のお支払い

それでは順に解説していきます。

 

ドメインを取得
「お名前.com」へアクセス

ドメインの取得方法ですが、
ドメイン業者のサイトで取得します。

今回は日本一有名なお名前.com で、
ドメインを取得する手順をご紹介致します。  

「お名前.com」のメインページ

 

ドメインを決める

お名前.com のサイトへアクセスしたら、
早速ドメイン名の決定に取り掛かります。

ドメイン名はアルファベットで自由に決めることができますが、ひらがなや漢字は不可です。

「◯◯◯.com」の「◯◯◯」の部分を自由に決めてください。  

希望ドメイン入力場所

 

  決めたドメイン名を上記写真の青枠に入力しましょう。

「検索」ボタンを押して、入力した文字列が使用済みだった場合は、別の文字列でトライしてください。

 

ドメインは同じ文字列を使用できません。

そのため、早い者勝ちで好きなドメインを取得できます。

 

  また、「◯◯◯.com」の「.com」の部分を「トップレベルドメイン」と言いますが、

初心者の方は「.com」で申請しておけば大丈夫です。

 

>>お名前.comでドメイン料金を確認 

 

\業界最安値でドメインを取得/

補足情報
ドメインの料金はキャンペーンなどで変動することがありますが、「.com」は1000円程度が平均のようです。

 

ドメイン料金の支払い

希望のドメインを入力し、取得可能であればチェックマークが表示されます。

ドメイン名が間違っていないか確認し、「お申し込みへ進む」をクリックしましょう。  

「お名前.com」お申し込み画面

 

次にお申し込み内容の表示されたページが開きますが、右枠からログインしましょう。

IDをお持ちでない方も、ここからログインIDとパスワードを取得できますのでご安心ください。  

 

「お名前.com」ログイン方法

 

ログインができたら、お申し込み内容の確認です。

 

  • 「Whois情報公開代行メール転送オプション」
  • 「ドメインプロテクション」

というオプションのチェックは不要です。  

 

あとは流れのまま会員情報の入力をした後、お支払い情報を入力してください。

これでドメインの購入は完了です。  

 

そして最後に、ドメイン購入後に会員登録したメールアドレスに「お名前.com」から何通かメールが届きます。

 

その中から、

【重要】[お名前.com]ドメイン 情報認証のお願い

 

という件名のメールを開いて、本文にある「認証リンク」をクリックしてください。

 

これで取得したドメインが有効になり、、、

ドメイン取得完了です。

 

 

ドメイン取得のおわりに

 

ドメインの取得、お疲れ様でした。

自分のドメインを持つとモチベーションも上がりますね!

ただ、ドメインを取得しただけではブログは始められません。

 

次は「レンタルサーバーの契約」です。

こちらも業界最安値で契約する手順をまとめていますので、引き続き参考にしてみてください。

 

支配人リック
お疲れ様でした!この調子でブログの収益化までノンストップでいきましょう!

 

 

【次へ】レンタルサーバー契約(コスパ最強)

【初心者向け】コスパ最高のレンタルサーバーの契約手順を解説

2019年12月23日

 

【ホーム】ブログ収益化までの手順書

 

▽コスパ最強の超おすすめテーマ
WordPressテーマ「スワロー」

 

\当ブログで使用中「スワロー」/