Googleアナリティクスの「行動フロー」の見方【画像付きで徹底解説】

Googleアナリティクスの「行動フロー」の見方【画像付きで徹底解説】 ブログで稼ぐ
あなた
・アナリティクスの行動フローって何?
・行動フローってどうやって見るの?

 

そんな悩みを画像付きで解決します。

 

今回は、Googleアナリティクスの行動フローの見方を解説します。

 

💡この記事を書いた人

スキマ時間だけで半年で6桁稼いだサラリーマン。
Twitterフォロワー数 11,000名様超(リックのTwitter

 

Googleアナリティクスの行動フローをご存知ですか?

 

項目は見たことあるけど、よく分からないという方も多いと思います。

 

行動フローは、ユーザーがサイト内でどのように遷移したかを把握できる項目です。

 

実は行動フローのチェックは、サイト改善には必須。

 

そこで、アナリティクスの行動フローの確認方法から見るポイントまで詳しくお伝えします。

 

以下の項目で解説していきます。

  • アナリティクスの行動フローとは?
  • アナリティクスの行動フローの見方
    ・【基本】行動フローを確認する
    ・参照元から行動フローを確認する
    ・モバイルの行動フローを確認する
  • アナリティクスの行動フローの見方まとめ
支配人リック
画像付きで分かりやすく解説しますので、参考にしてみてください。

 

\当ブログで使用中「スワロー」/

\初月ドメインパワー5.6の実績!/

 

アナリティクスの行動フローとは?

Googleアナリティクスの行動フローとは?

 

アナリティクスの行動フローは、ユーザーがサイト内でどのように遷移したかを把握できる項目。

 

閲覧開始から離脱までの行動を、視覚的に確認できます。

 

行動フローは次のような項目を確認するときに役立ちます。

 

  1. TOPページからどのようにユーザーが遷移してくれたか
  2. 記事ページに設定したCTAへユーザーが遷移してくれたか

 

TOPページはユーザーが求めている情報を考え、どんな風に遷移するかを想定して設計します。

 

その想定通りにユーザーさんが遷移してくれているか、確認していますか?

 

それが分かるのが行動フローです。

 

同じように記事ページでも、設定したCTAに遷移していただけているかを確認することで改善箇所が見えてきます。

 

CTAとは
購入や資料請求など次にとって欲しい行動を起こしてもらうための要素。

 

TOPページでも記事ページでも、想定外の遷移となっていたら誘導の仕方やバナーの場所などを改善していきましょう。

 

このように、行動フローはサイト設計を考える際にチェックすべき項目です。

 

支配人リック
視覚的に見られるので、見ているだけでおもしろいですよ。

 

アナリティクスの行動フローの見方

Googleアナリティクスの行動フローの見方

 

それではGoogleアナリティクスの行動フローの見方を解説します。

 

以下の3つの項目で確認方法をお伝えします。

(1)【基本】行動フローを確認する

(2)参照元から行動フローを確認する

(3)モバイルの行動フローを確認する

 

支配人リック
ぜひマスターして、より良いサイトにしていきましょう。

 

(1)【基本】行動フローを確認する

Googleアナリティクスの行動フローの見方_基本

 

まずは、行動フローの基本の確認方法です。

 

①Googleアナリティクスにアクセスし『行動行動フロー』をクリック。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_基本1

 

②閲覧開始から離脱までどのようにユーザーが遷移したかを視覚的に把握できます。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_基本2

 

③詳しく見たい場合は、該当の遷移をクリックして『ここをハイライト』をクリック。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_基本3

 

④選択した遷移をピックアップして確認できます。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_基本4

 

想定したCTAに遷移してくれているかを確認していきましょう。

 

セッション数が多いページが表示されるので、そのページから上手に誘導できればより多くの収益を目指せます。

 

支配人リック
離脱数が多いページは、CTAの内容や誘導方法を変更するなどの改善をしましょう。

 

(2)参照元から確認する

Googleアナリティクスの行動フローの見方_参照元から

 

次に、参照元別の行動フローの確認方法を解説します。

 

①行動フローを表示したら、左上の▼から『参照元』をクリック。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_参照元から1

 

各参照元毎にユーザーの遷移が分かります。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_参照元から2

 

Googleからの訪問が多いと思いますが、SNSやdirectの参照元との違いを見てみましょう。

 

PCとスマホでのページの見え方の違いから、行動フローが変わる場合があります。

 

他とは異なる動きをしている箇所を探していくと、改善のヒントが見つかります。

 

支配人リック
それぞれをハイライトしてみると、異なる点が見つかりやすくなります。

 

(3)モバイルの行動フローを確認する

Googleアナリティクスの行動フローの見方_モバイル

 

最後に、モバイル端末の場合の行動フローの確認方法をご紹介します。

 

①行動フローを表示したら、左上の▼から『ユーザーモバイル』をクリック。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_モバイル1

 

モバイルでのアクセスの場合のユーザーの遷移が分かります。

Googleアナリティクスの行動フローの見方_モバイル2

 

モバイルからのアクセスがあるページは特に、スマホでの見え方に気をつけて改善します。

 

離脱率が高いページはどこか見にくい箇所があるかもしれません。

 

支配人リック
改行位置などの細かな部分も調整していくことで、離脱数を改善できます。

 

アナリティクスの行動フローの見方まとめ

Googleアナリティクスの行動フローの見方まとめ

 

お疲れ様でした。

 

Googleアナリティクスの行動フローの見方を解説しました。

 

行動フローはサイト設計を改善する際に必須の項目で、次のことが分かります。

  1. TOPページからどのようにユーザーが遷移してくれたか
  2. 記事ページに設定したCTAへユーザーが遷移してくれたか

 

想定していた通りに遷移がされていない場合は、誘導の仕方やバナーの場所などを改善します。

 

よりユーザーに満足していただけるサイト設計を行って、収益化を目指しましょう。

 

👑人気記事

【ドメインパワー1ヶ月で5.6!?】スワロー(SWALLOW)が最高の理由

初心者が登録必須のASP

ブログ初心者が登録必須のASPを紹介【稼げる厳選9選】