【2020年決定版】ワードプレスのテーマおすすめ8選

ワードプレステーマ
あなた
ワードプレスでおすすめのテーマを教えてください!

 

ワードプレスのテーマって無料から有料までたくさんあって何が良いのか迷いますよね?

 

私もブログを始める際にとても迷いました。

 

そして、いくつもワードプレスのテーマに関する記事を読んだ結論ですが、、、

(結論)
テーマは求める機能で選択が異なります。

 

みなさんそれぞれ
求めることが異なるかと思います。

  • 無料でやりたい?
  • SEOのことはわかる?
  • デザインにこだわりたい?

 

そこで、今回は私が調べ尽くしたワードプレスのテーマの中からおすすめを8種類に絞って徹底解説します。

 

わかりやすく表にまとめて徹底比較します。

 

最後にはユーザーの皆さんがテーマに求めることに合わせて、おすすめのテーマを紹介しています。

 

少しでもワードプレスのテーマ選びの参考になれば幸いです。

 

ワードプレスのテーマおすすめ8選

 

これからワードプレスのテーマでおすすめする8選をご紹介します。

 

有料テーマ7種と無料テーマ1種です。

  • 賢威
  • DIVER
  • THE THOR
  • AFFINGER5(WING)
  • STORK
  • SWALLOW
  • ALBATROS
  • COCOON (無料)

 

結論から言うと、
有料テーマの使用をおすすめします。

 

あなた
なんで有料テーマなの?

 

理由は詳しく後述しているので
初心者の方は参考にしてみてください。

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ①「賢威」



金額 24,800円(税込)
販売会社 株式会社ウェブライダー
デザイン性 ★★★☆☆
SEO対策 ★★★★☆
表示速度 ★★★★☆
記事の装飾 ★★★☆☆
初心者おすすめ度 ★★★★☆

 

賢威は昔から有名なテーマです。

 

SEO界隈で有名なwebライダーという会社の代表の松尾さんが開発しているテーマです。

 

賢威8β版にアップデートされデザインがさらに洗練されました。

 

SEOに関する設定も揃っており、初心者でも使いやすいように配慮されています。

 

さらに、賢威はアップデートが無料なので、大きなバージョンアップがあっても安心です。

 

また、SEOマニュアルが付属するので、SEOの勉強をしながらサイトを構築できます。

 

そのため、価格がやや高く感じますが、初心者にとって価値のあるテーマでもあります。

 

収益を目的とした複数のサイト運営する予定の方にとって、コスパの良い買い物と言えるでしょう。

 

調べた中では、トップアフィリエイターの方で、基本的に賢威しか使用しないという声も多く、上級者にとっても満足度は高そうです。

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ②「DIVER」

金額 17,980円(税込)
販売会社 高木貴人
デザイン性 ★★★☆☆
SEO対策 ★★★★★
表示速度 ★★★☆☆
記事の装飾 ★★★★☆
初心者おすすめ度 ★★★☆☆

 

DIVERはとても多機能なテーマです。

 

サイト設計の自由度が高いので、個人ブログから企業向けの大規模メディアまでサイト制作が可能です。

 

SEOに関係のある設定も多く、検索にも強いテーマと言えます。

 

そのため、ただの日記ブログに使用するには勿体無いテーマと言えます。

 

懸念としては、多機能すぎるが故に設定箇所が多く、初心者には扱うのが難しい印象です。

 

ただし有料だけあってサポートが充実しているので、少しずつ勉強していく前提であれば問題はなさそうです。

 

SEOに強く自由度も高いので、ガッツリ収益化ブログを運営する予定の方に、おすすめのテーマと言えます。

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ③「THE THOR」

金額 14,800円(税別)
販売会社 フィット株式会社
デザイン性 ★★★★☆
SEO対策 ★★★★☆
表示速度 ★★★★★
記事の装飾 ★★★★☆
初心者おすすめ度 ★★★★☆

 

THE THORは、
とても上品なデザインが特徴です。

 

とにかく多機能で、基本的にユーザーによる設定が前提になります。

 

機能が多いので設定場所に迷うこともありますが、マニュアルサイトも充実しており、わからないこともすぐに解決できるので初心者でも問題なく使うことができます。

 

また、見出しなどの記事装飾機能は他のテーマを圧倒する種類が用意されています。

 

検索機能も強化されているので企業レベルの大規模なメディアにも対応可能です。

 

AMP対応しているテーマは珍しくなくなってきましたが、THE THORは今後注目のPWAにまで対応しています。

 

プラグインを使わずに安全にサイトのPWA化を行うならTHE THORがベストな選択になりそうです。

 

AMP対応せずともページ表示速度がとても速いのも大きなメリットです。

 

テーマで比べると「STORK(ストーク)」「ALBATROS(アルバトロス)」などの上位互換のテーマです。

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマおすすめ④
「AFFINGER5(WING)」

金額 14,800円(税込)
販売会社 株式会社オンスピード
デザイン性 ★★★☆☆
SEO対策 ★★★★☆
表示速度 ★★★★☆
記事の装飾 ★★★★☆
初心者おすすめ度 ★★★★☆

 

AFFINGER5(WING)は、SEO対策にも強いと評判のテーマだったAFFINGER4の後継テーマとして、2018年3月にリリースされました。

 

AFFINGER4の長所はそのままに、デザインの自由度などが大幅にアップしています。

 

初心者でも扱いやすく、まとまりのあるデザインのサイトを作ることが可能です。

 

各記事ごとの設定項目も多く自由度がとても高いため、多くのブロガーから絶大な信頼を得ています。

 

ウィジェットを設置はPCとスマホで表示を変えることができるショートコードもあるため、コンテンツレイアウトに悩みません。

 

収益化の工夫が多彩であり、AFFINGE5が売れまくっている理由と言えます。

 

収益化を狙うなら、
圧倒的優位に立てるテーマです。

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ⑤「STORK」



金額 10,800円(税込)
販売会社 株式会社bridge
デザイン性 ★★★★★
SEO対策 ★★★☆☆
表示速度 ★★★★☆
記事の装飾 ★★★☆☆
初心者おすすめ度 ★★★☆☆

 

「STORK(ストーク)」は特にデザインが美しく綺麗なテーマです。

 

1サイトでしか使用できないため、複数のサイトを運用するには不向きです。

 

基本的に1サイトを育てようとお考えの方にはピッタリです。

 

広告を表示できるウィジェットは豊富なので、アドセンス、ASP共に広告の貼り方の自由度が高く、サイトを綺麗にまとめられます。

 

設定画面もシンプルで扱いやすいく設定に迷うことはないでしょう。

 

しかし初期状態は文字装飾などのショートコードをエディタから呼び出せないので、必要な方はプラグインの導入等(無料)が必要になります。

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ⑥「SWALLOW」


金額 9,900円(税込)
販売会社 株式会社bridge
デザイン性 ★★★★★
SEO対策 ★★★★☆
表示速度 ★★★★☆
記事の装飾 ★★★★☆
初心者おすすめ度 ★★★★☆

 

「SWALLOW(スワロー)」はストーク同じOPENCAGEが開発したテーマです。

 

プロブロガーの八木仁平さん(通称やぎペーさん)監修の元で作られたテーマです。

 

シンプルで洗礼されたデザインが特徴のテーマです。

 

ショートコード の充実度やSEO対策の機能を見ても、コスパが最高のテーマと言えます。

 

なんとこれで価格が1万円を切ります。

 

ショートコード やサイトデザインは作り込まれているため、すぐに記事の執筆を開始することができます。

 

ちなみに本サイトは、
スワローを使用しています。
(2020年5月3日時点)

>>スワローのレビューはこちら

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ⑦「ALBATROS」


金額 7,980円(税込)
販売会社 株式会社bridge
デザイン性 ★★★★☆
SEO対策 ★★★☆☆
表示速度 ★★★★☆
記事の装飾 ★★★☆☆
初心者おすすめ度 ★★★★☆

 

アルバトロスは、ストークやスワローと同じOPENCAGEが開発したテーマです。

 

こちらも1サイトだけでしか使用できないため、複数のサイトを運用するには不向きです。

 

低価格な分、機能面をストークやスワローと比較するとアルバトロスの方が下位互換になります。

 

デザイン的には、とてもシンプルで無駄のないデザインが印象的です。

 

ウィジェット欄など、自由度が低い部分があります。

 

デザイン重視で低価格で始めたいという方にはおすすめです!

 

\ 公式ページを見てみる /

 

ワードプレスのテーマ
おすすめ⑧「COCOON」(無料)

金額 無料
販売会社
デザイン性 ★★☆☆☆
SEO対策 ★★★☆☆
表示速度 ★★★☆☆
記事の装飾 ★★★☆☆
初心者おすすめ度 ★★★☆☆

 

COCOON(コクーン)はワードプレスの無料テーマの中でも最も人気のあるテーマです。

 

無料のテーマで始めたいのであればCOCOON一択と言っても過言ではないかもしれません。

 

シンプルなデザインに加えて、記事のランキング作成などカスタマイズも重宝されます。

 

しかしながらCOCOONは独自のカスタマイズ方法のため、仮にCOCOONからいつか有料テーマに乗り換える際は大変苦労します。

 

初心者の方にはカスタマイズで時間を要してしまうのが無料テーマの現状です。

 

無料テーマでも稼げないことは決してありません。

 

が、本気で稼ぎたいならやはり始めから有料テーマを使用することをおすすめします。

 

ワードプレスのテーマおすすめ
【比較表】

テーマ 金額 デザイン SEO 表示速度 装飾 初心者
賢威 24,800円 3 4 4 3 4
DIVER 17,980円 3 5 3 4 3
THE THOR 14,800円 4 4 5 4 4
AFFINGER5 14,800円 3 4 4 4 4
STORK 10,800円 5 3 4 3 3
SWALLOW 9,900円 5 4 4 4 4
ALBATROS 7,980円 4 4 4 3 4
COCCON 無料 2 3 3 3 3

 

ワードプレスのテーマは有料がおすすめの理由

 

多くのブロガーさんが有料テーマをおすすめしている理由を解説します。

 

有料テーマのデメリットとメリットに分けて解説します。

 

それぞれ以下のような内容になります。

有料テーマのデメリット
  • 費用がかかる
  • 公式サイト頼り
  • 高度なカスタマイズには不向き
有料テーマのメリット
  • SEO対策がされている
  • デザインが完成されている
  • プラグインの導入が煩雑にならない

有料テーマのデメリット

費用がかかる

当たり前ですが、
有料テーマは費用がかかります。

 

有料テーマは買い切り価格になります。

 

概ね「5,000円~30,000円」あたりで販売されていることが多いです。

 

1つのテーマ購入で複数のサイトで使用できるものもあります。

 

また「償却費用」として考えれば、10,000円のテーマを1年使用するとすれば1日あたり27円で使用できます。

 

ブログを3年続ければ1日あたり9円です。

 

そのため大きな負担だとは考えなくても良いかもしれません。

 

ただし、テーマによってライセンス形態が異なり、1ライセンスで1ブログにしか使えないものもあります。

 

購入する際は必ず確認しましょう。

 

公式サイト頼り

ワードプレスは、ユーザーが自由にプラグインを追加したり、デザインをカスタマイズして使用することを前提としています。

 

そのため、有料のテーマであっても保証範囲には限界があり、自己責任でカスタマイズする必要があります。

 

と言いつつも「購入者限定サイト」が用意されているなど、サポートは充実しています。

 

初心者だから不安という方は、サポートの充実しているテーマを選択するのも手かと思います。

 

このページで紹介しているテーマの中では「DIVER」「SANGO」「賢威」の3つが丁寧なサポートが期待できます。

 

他に、詳細なマニュアルやネット上に情報が多いテーマなら「アフィンガー5」や「THE THOR」が良いと思います。

 

高度なカスタマイズには不向き

サイトのカスタマイズは、ワードプレスの楽しみのひとつです。

 

しかし、有料テーマはデザイン的にも完成されている前提です。

 

そのため、カスタマイズを楽しみにしている方にとってはデメリットになり得ます。

 

(そのように思う方は極少数だと思いますが、、、)

 

HTMLやCSSの勉強も兼ねてブログを始めたいという方は、無料テーマをカスタマイズするのも手でしょう。

 

その一方で、収益化ブログを目的とするなら圧倒的に「有料テーマ」をおすすめしています。

 

このあと解説します。

 

有料テーマのメリット

SEO対策がされている

SEO対策済のテーマは、「Googleなどの検索エンジンに正しくコンテンツ内容を伝えることができるテーマ」です。

 

有料テーマは、この検索エンジンに正しくコンテンツ内容を伝えるための対策がされているものが多く、最大のメリットになります。

 

無料テーマとはここに大きな差があります。

 

無料テーマでも稼げないということは決してありませんが、稼いでいるブロガーのほぼ全員が有料テーマを使用しています。

 

デザインが完成されている

基本的に無料テーマはカスタマイズすることが前提となっています。

 

そのため、初心者の方はHTMLやCSSを少しでも理解していないとデザインを変更するのが困難です。

 

これに対して、有料テーマでは背景色や見出しの色、サムネイル画像のサイズや形までもがボタンひとつで変更できるため、初心者の方におすすめです。

 

そして、最大のメリットは「記事の投稿」に集中できるということです。

 

有料テーマはプロが作った美しいデザインばかりです。

 

そのためサイト作りに時間をかけなくて済みます。

 

「まるで企業のサイトだ!」と思うほどのクオリティの高い仕上がりになります。

 

カスタマイズに時間を取られていては、とても勿体無いです。

 

どれだけ巧妙にサイトをカスタマイズしても記事を書かなければ収益にはなりません。

 

プラグインの導入が煩雑にならない

ワードプレスには、プラグインという「機能」を追加できる便利なものがあります。

 

例えば、「人気記事の表示」や「SEO対策」などの機能追加があります。

 

しかし、デメリットとしてプラグインを入れすぎるとサイトが重くなります。

 

サイトの表示速度が遅いと読者の離脱率が高まってしまいます。

 

他にも、テーマとの相性が悪いとプラグインが正常に動かないこともあるようです。

 

これに対し有料テーマは、多くの人が使うであろうプラグインの機能がテーマ内に組み込まれているものがほとんどです。

 

不要なプラグインを増やさず、テーマとの相性を気にする必要もないわけです。

 

ワードプレスの有料テーマをおすすめする人

  • アフィリエイトで稼ぎたい人
  • SEOなどに少し抵抗のある初心者
  • カッコ良くカスタマイズしたい人

 

ワードプレスのテーマを選ぶポイント

 

ここではブログ初心者の方に向けてテーマ選びのポイントを解説します。

 

テーマ選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

それぞれのポイントに合わせて、おすすめのテーマもご提案します。

 

選ぶポイントは5つ

▽テーマ選びのポイント

  1. SEO対策は大丈夫?
  2. 記事装飾は十分揃ってる?
  3. 複数のブログに使用できる?
  4. ページの表示速度は大丈夫?
  5. カスタマイズの情報は十分ある?

 

それでは順に解説していきます。

 

① SEO対策は大丈夫?

前述の通り、SEO対策とは検索エンジンに正しくコンテンツを伝えることです。

 

少しSEO対策について深掘りすると以下のようなことに対応できているかを評価します。

  • HTML5に対応
  • 構造化データへ対応
  • ページindexを自動でできるか など

本記事の評価は上記のようなSEO対策に関する事項にどれほど対応しているかで「★5段階評価」をしています。

 

SEO対策は初心者の方には中々理解に時間を要する課題です。

 

テーマを選ぶときの重要なポイントです。

 

SEO対策に優れたテーマ
  • DIVER(ダイバー)

 

② 記事装飾は十分揃ってる?

サイトや記事の装飾は読者のエンゲージメントを高めるために重要なポイントです。

 

記事装飾とは例えば以下の通り。

  • 見出し
  • ボックス
  • リンクボタン
  • 箇条書きリスト

 

これらの装飾がデフォルトで備わっているのも有料テーマの大きなポイントです。

 

装飾が多ければ良いというわけではありませんが、テーマデザインにあっているので統一感が生まれサイトが綺麗に映えます。

 

この記事装飾機能があることで、ユーザーはデザインに時間をかけず、

  • すぐに記事を書き始められる
  • 誰でもデザインの綺麗な記事が書ける

というメリットがあります。

 

装飾に優れたテーマ
  • THE THOR(ザ・トール)
  • SWALLOW(スワロー)

 

③ 複数のブログに使用できる?

有料テーマの中には、ライセンスに対する考え方が違うものがあります。

 

以下のように2種類に分けられます。

 

  1. サイトごとに購入しなければならないテーマ
  2. 購入者のサイトなら使い回しできるテーマ

 

これから複数のサイトでを運用する方は併用可能なテーマをおすすめします。

 

現状、複数運営するか否か未定の方は、無難に併用可能なテーマにしておけば後悔しないと思います。

 

複数運営できるテーマ
  • AFFINGER5
  • THE THOR
  • SANGO

 

④ ページの表示速度は大丈夫?

2018年7月にGoogleの「ウェブマスターセントラル」で、ページ速度がモバイル検索の採点要素になることを発表しました。

 

人々はできるだけ早く質問に対する回答を見つけることができるようにしたいと考えています。(中略)2018年7月からページ速度がモバイル検索のランキング要素となることを発表しています。

引用先:Google web master blog

 

表示速度が遅いとユーザー離脱率が高まるため注意が必要です。

 

サイトやブログの表示速度には大きく2つの要素が関係します。

 

  1. Webサーバー側の問題
  2. コンテンツ自体の問題

 

高速なサーバーを選ぶことも重要ですが、コンテンツをできるだけ軽量にしてあげることも必要です。

 

「多機能だけれども表示が遅い」「表示速度は速いけれど機能が少ない」というのでは困ります。

 

表示速度も有料テーマ選びの重要な要素と言えます。

 

表示速度の速いテーマ
  • THE THOR(ザ・トール)

 

⑤ カスタマイズの情報は十分ある?

完成されたテーマを使っているとはいえ、あなたの自由にカスタマイズをしたいこともあると思います。

 

そんなとき人気のあるテーマであれば、インターネット上にカスタマイズや不具合に関する記事が溢れています。

 

それらを参考にして対応することができるのが強みです。

 

また、有料テーマの中には詳細なWebマニュアルが整備されていたり、ユーザー専用のフォーラムのようなものまで用意されていることがあります。

 

初心者の方にとっては、思うようにカスタマイズできないことや意図しない表示になってしまったなどのトラブル解決に役立つはずです。

 

カスタマイズしやすいテーマ
  • STORK(ストーク)
  • SWALLOW(スワロー)
  • AFFINGER5(アフィンガー5)

 

ワードプレスのテーマおすすめ8選【まとめ】

 

お疲れ様でした。

ワードプレスのおすすめテーマについて解説しました。

 

テーマの選択はあなたが何を求めるかで異なります。

 

しかし収益化を目的として早く行動を移したいのであれば、有料テーマを選択するべきだということは間違いありません。

 

ご自身に合ったテーマの選択のお力添えができれば幸いです。

 

ワードプレスでおすすめのテーマは?スワロー(SWALLOW)が最高の理由

2020年2月3日

【初心者必須】審査なしで登録できるASP【厳選3選】

2020年4月2日